まるふくさんの☆おっちゃん☆ブログ 2007年09月 現在の閲覧者数:

まるふくさんの☆おっちゃん☆ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にのうみ会チャリティゴルフコンペ

 昨日は、亀岡カントリークラブにおいて、第16回にのうみ会チャリティゴルフコンペが開催されました。95名という多くの参加を得て、
当日の素晴らしいお天気とともに、大変盛り上がった素晴らしい大会になりました。にのうみ会お世話下さった、古谷先輩、垣見先輩、田部先輩を始めとするみなさん、大変ご苦労さまに存じます。
 そして、各種団体のみなさんや、京都JC人見理事長、船井JC八田理事長、乙訓JC齋藤理事長の3名の理事長様を始めとするメンバー、特別会員の皆様、本当に有難うございました。
 おかげさまで、¥200,000を社会福祉協議会に寄付をして頂きました。
 現役からは、渡邉特別顧問、堤直前理事長、中川副理事長、奥村副理事長、荒木専務、岡本委員長、中尾君、法貴君、林君、山本君、そしてわたしの11名が参加して、本当に楽しくゴルフをすることが出来ました。とっても気持ちよかったです。特別会員の皆様とも良い交流ができましたし、益々、深い「和」で結ばれていくよう心から祈念します。
 そして、理事長挨拶をさせて頂いた折に、次年度予定者としての奥村昌信君を皆さんに紹介できたことと、奥村君もしっかりとご挨拶できたことは、大変、有難く、うれしいことでありました。奥村予定者におかれましては、益々、多方面に気を遣いつつ、亀岡JCの代表としての行動をする機会が増えていきますので益々、自らを律して、メンバーみんなの利益の為に活動していってくれることを祈念すると同時に期待しております。
 ただ、今日から全国大会に旅立つ私にとって大変、厳しい日程の中でのゴルフでもありました。また、月曜日が祭日であることをすっかり忘れていた私は、火曜日一日でこなさなければならない仕事が、ひっくり返ってまして、参りました。本日も、その続きを何とか、午前中に終わらせて、12時半から、北海道に旅立ちたいと思います。みなさん、一足先に、帯広でみなさんをお待ちしております。どうぞ、気をつけて
お越し下さい。
 また留守中は、中川副理事長、木曽事務局長、大西委員長、何卒宜しくお願い致します。これを書きながらやっと、卒業旅行の気分に30%意くらいなってきました。それでは、行って参ります。
スポンサーサイト

交通安全街頭呼びかけ

 今日は、早朝より亀岡市役所付近と加塚交差点で7時半頃から、8時半ごろまで、交通安全の街頭啓発活動を亀岡署の方々と交通安全協議会のメンバーを中心に行いました。私は、本年、この委員会に出向させて頂いており、少しだけ参加しました。
 朝の通勤本当にご苦労様と思います。最近は、みなさん、シートベルトを締めておられて、今や着用率は、95%を超えるようです。取締りと、啓発で達成できることがあるんですね!素晴らしい!
 と言いつつ、私は今-5点で、その内、3点までがシートベルトなんですが・・・・内緒ですけど・・・・!
 ここのところ、飲酒検問も毎晩のようにしておられるそうです。交通課の方もおっしゃってられましたが、シートベルトは意識で変えられるけど、飲酒運転を撲滅する方が困難である。やはり、飲んだら乗ってはいけないのは思っていてもついついやってしまうんだろう。ということです。しかし、私たちJAYCEEは、先頭に立って本気で自省しなければなりませんね。まずは、私たちの襟を正さなければいけません。
 明るい豊かな社会を創造するために・・・・
 

滑走開始です。

 おかげさまを以ちまして、9月通常総会、無事終了することができました。次年度の役員選任(案)の一議案のみでしたが、無事次年度の役員さん方が正式に予定者になって頂いたことは、理事長として肩の荷が一つ下りた思いがしております。ありがとうございました。
 本日からは、奥村昌信理事長予定者を先頭に、1月1日の離陸に向けての機体の点検、給油、整備の後、滑走路へ移動して、滑走をしていきます。その間、本年度と次年度の交錯する中、順調にばかりはいかないと思いますが、飛行機は飛び立つ前に故障やトラブルを見つけなければならないのと同じで、今のうちのトラブル等、早期に手当てして準備万端、整えなければなりません。どうか、無事、来年の12月に着陸できるよう、頑張ってほしいと思います。
 JCは、不連続の連続であります。そしてしかも、不変のものであります。基本は、みんなが仲良く、但し、良いことは良い。悪いことは悪いと言い合える、本物の人間関係を築く中から、素晴らしい活動があるということも忘れずに頑張って下さい。
 勿論、この離陸までの間に、会員拡大もしなければなりません。1月に何人、入会して頂けるか?というのも大きな部分です。そして、なにより思いを固めることができるか?そしてその思いをメンバー全員に理解して頂くまで説明することができるか?以上の点にかかっています。
 2007年度理事長として、最大限のご期待を申し上げます。
 そして、亀岡のみなさん、京都ブロックのみなさん、2008年度亀岡JCを益々宜しくご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

9月通常総会

 本日は、9月の通常総会の開催日であります。本年2度目の総会を
開催することは、理事長としては、とても緊張すると同時にはるばるよくここまでやってきたなぁという感慨があります。
 議題は、(勿論予定では)次年度役員選任(案)であります。皆さんが次年度以降、JC活動をしていく上において、大変重要な議案であります。また、先頃、皆さんが選挙で選んだメンバーを含めて、理事役員として名前を連ね、責任と使命を果たすべく、皆さんの信任を得る場であります。
 このことなしには、次年度は始まりませんし、今年度もまたいつまでも終えることが出来ません。青年会議所は、単年度制でありまして、一度やった役職は基本的に二度と担当することはありません。であるからこそ、その場その時、その人となれ!という言葉通り、色々な立場からの勉強が出来る場であります。
 ですから、メンバーのみなさんがこの総会に出席することは、義務ということ以前に、みなさんのこの1年間の活動と、次年度の活動を自らが肯定することができる、最たる機会であります。これを欠席するということは、とりもなおさず、自らの活動をある意味、否定することにつながるのです。
 また、本日は、後の懇親会で次年度予定者の決意の言葉もありますし、次年度へ向けた、意思確認の場として、素晴らしい一日になります。お一人の欠席者もない、そんな総会にしたいと思います。

やさしさつないだ心の灯り

 16日の日曜日は、かめおか夢プロジェクト~燈亀会~にお越しを頂きまして、まことにありがとうございました。約4000名のみなさんにお越しを頂けたようで、しかも一人のけがも出さずに終了できたことは、この上ない喜びであると同時に大成功をさせて頂けたと存じております。これも偏に、今回ご協力ご協賛頂いた全ての皆様方のおかげと心から感謝申し上げます。また、何分にも不慣れなことでありまして、何かと不行き届きのあった点は、どうかご容赦下さい。
 私たちは、2月に実行委員会を立ち上げ、準備をしてきました。その途中、決して順調とは言えないことばかりでありました。事業そのものを変更しなければならない場面や開催さえ危ぶまれる場面も乗り越えました。
 そして、私たち亀岡JC50名の心の和を以って、開催にこぎ着け、皆様に思いが伝えられたことと思います。今回初めてお手伝い頂いた、ボランティアの方々もとっても頼りになりました。ありがとうございました。また、駅立ちでは、大変お騒がせしました。手に取って頂いて、ご覧頂いた皆様、本当に有難うございました。事業協賛をお願した多くの先輩や企業の皆様、有難うございました。
 全ての皆様方の優しさと励ましを胸に(社)亀岡青年会議所は益々、亀岡に役に立つ団体を目指して参ります。今後とも、ご理解ご支援、そして、ご指導ご鞭撻をお願い申し上げましてお礼と致します。

9月例会

 昨日は、9月例会ご出席ありがとうございました。また、ご設営頂きました、溝行委員長をはじめとする会員研修委員会のメンバーの皆様、
たいへんお疲れ様でした。
 路上生活から、書籍販売日本一になられた林薫先生のご講演でしたが、内容が非常にわかり易く、愛の意味も形もそして、その役割も上手くお話頂けたように思います。
 実は、私と藤田副理事長は、レストランボーヌさんで、6時過ぎから、林先生とご一緒させて頂きました。その中の会話で、先生の越し方の中で奥様とご家族の話題が大変印象的でありました。
 先生はおっしゃいました。「女房は、どうして一文なしになる私についてきたんでしょうね?」「こどもたちは、4人いるけど、名古屋にいる裕福な時には、ほんのわずかな物でも取り合いして喧嘩したけど、極貧状態で、知り合いからもらったケーキをみんなで分け合うばかりか、
体の弱い女房に、おかあちゃんも食べなあかん、といって譲りあった。
「その時分のことで、何を食べていたのか思い出せないし、女房も子どもたちも思い出せないと言っている。」「私は、営業という仕事で、ご飯を食べさせて頂いてきた。これには、相手があることで、その感謝の意味でも、事務所を開設し、無料で様々な相談に乗っているのは、社会に対する恩返しである。」・・・・
 ほんの短い時間でしたが、ここに挙げるのも足りないくらいの多くの印象的な言葉を頂戴することが出来ました。私と藤田副理事長は、みなさんより、得をしてしまいましたかね!また、林先生は、3日後に迫った、かめおか夢プロジェクト~燈亀会~に関しても、是非とも、大成功させて下さい、と熱いエールを頂きました。営業日本一ということで、
もっと利己的な感じの方かと思ったりしていましたが、先生は、本当に人間力のある、また、人に対してまじめな素晴らしい講師でした。
 
 明日は、燈亀会の準備が11時から、あさっては、いよいよ本番です。みなさん、私たちは、心をこめて事業を開催することです。本気で
亀岡のために、ひとのために、そして、ひいては、次世代の人たちの
ために、心から、この事業を、その成果をその趣旨を信じきって、堂々と開催して参りましょう!

 私は、亀岡JCメンバー、お一人お一人の英知と勇気と情熱を信じて疑いません!!!

FT予備講座と知らぬ間に・・・

 昨日は、例会前日、また社発も近いこともあって、色々と、気になり
午後8時半頃、JCルームへ。テレビで先日亡くなった阿久悠さんの
特集をやっていたので、車内でテレビを見ていると、なんと新入会員の
カワモト君がスーツ姿で立っているではないか????
 挨拶をして事情を聞くと、どうも9時から明日の例会の練習があるらしい。なるほど、畑委員長のところで・・・と思いながら、彼を伴ってルームへ行くと果たして畑哲也委員長が1人。そして、しばらくして、
山本仁士君登場。そそくさと会議室に移動して始まりました。なんと、
FT予備講座であります。
 私は、半ズボン姿で困りましたが、最後までオブザーブして来ました。カワモト君は、何事にも積極的に行動しておられ、大変頼もしく感じました。また、畑委員長、山本君の2名でしたが、頑張ってやってくれていました。大変忙しい時期での開催でしたが、やはり声かけはして欲しかったというのが、感想です。それは、予備講座の大切さは勿論のこと、メンバーにとって、いつやったかわからないようなことは、どんなことでも基本的になくしていかなければいけないからです。特に事は、最も大切なFTのこと・・・。他の役員に気を遣うくらいなら、予備講座自体に気を配らないと、いくら良いことをやっても、彼に十分な講座が持てないことになってしまいます。決して内容が悪かった訳ではないだけに、少々残念でありました。
 当然、連絡なければ、広報が取材にくることも出来ませんし、私が、
半ズボンで挨拶してしまうことが起こります。それは、たいしたことではないかもしれないけど、新入会員を育てる委員会としては、少し配慮が足りなかったのではないですか????
 苦言を言いましたが、ご苦労様でした。今後のカワモト君の活躍を心から期待しています。
 本日は、9月例会です。溝行委員長が渾身の設えをしています。みなさん、また、後ほどお会いしましょう!

3LOM合同例会総括会

 だいぶ秋らしくなりましたね。昨日なんか朝、寒いくらいでした。暖かくなるのは遅いけど、寒くなるのは早いもので、あっという間に寒い寒いと言わなくてはならないようになりますよ!寒くなる前にやっておかなければならないことは、やっておきましょう!
 ということで、昨日は、2002年以来6年間続けてきた乙訓JC船井JC亀岡JCの近隣3LOMの合同例会について、受け持ちが2周を終わったことを踏まえ、6年間の総括と反省、また成果の検証、そして、次年度以降に申し送る形を作る為、乙訓齋藤理事長、船井八田理事長、そして私と3人の理事長が集まりました。場所は、亀岡のメンバー小島君のお店<おせよ>であります。
 結果や内容の詳細は後日、簡易な報告書のようなものに見解をまとめいと思いますが、簡単に述べると、
 1.3LOM合同例会は、3LOM交流からの発展形として、立ち上   げ年の思いや意義が6年間のうちにそれぞれに少し違う形に認識
   されていた。
 2.最初の3年間と次の3年間の意義も正確に伝わっていない。
 3.例会内容は別としても、懇親会や交流の部分でそれぞれが感化さ   れ、LOMの活性化に役立った。
 4.例会として開催すると、微妙に違うLOMの立場や考え方、また
   主管以外のLOMは、やりたい例会ができない。
 ◎ 以上のことから、
   最低交流会として、継続したらどうか?
   また、もし、研修会を持つなら、例会の枠を外して、それぞれの   呼びかけを密にしたり、協議して例会以外の別の機会として、考   えてがどうか?
 ◎ 結論としては、何らかの形で継続していくことに価値は大いにあ   るが、例会としては考えないほうが良い。

  以上のようになりました。お断りですが、以上は公式な見解でなく
  あくまで昨日の会に参加しての私の見解です。

  しかし、3人の理事長があれだけ腹を割って、それぞれの本音をぶ  つけ合ったことも無かったのではないかと思われるくらいきわどい  話もしましたし、本当に良い会議をしました。
  そんなことができるのはやはり、「明るい豊かな社会を創造する」  という同じ思いの同志であることと、お互いが自らのLOMの将来  を思う気持ちは一緒だという共通点があるからです。
  私的には、本当に良い機会を持たせて頂きました。
  顔を出してくれた、溝行委員長、木曽事務局長、そして岡本委員長
  ありがとうございました。

  勿論、燈亀会もたっぷりPRしておきましたし、そんなお互いの社  発事業にもっとお互いが関わることも出来るんではないかとの意見  も出ました。
  岡本委員長以下事務局もほぼやることはやったと言える状態になっ  てきたようです。15日、16日、お天気になるように、また、多  くのみなさんとともに、素晴らしい夜を過ごせることを心から熱望
  しています。
   

かめおか夢プロジェクト~燈亀会~

 昨日から、燈亀会の街宣車が走り出しました。土曜日は、全体会議でした。若いメンバーも遅れながらでも来てくれましたので、とりあえず良かった?です。
 しかし何人かには言いましたが、今後はこれる時には遅れないで着て欲しいです。特に、次年度理事になられる方は、自分の背中に多くのメンバーと亀岡JCが乗っているのだということを意識し続けて欲しいと思います。
 ともあれ、あと、1週間。街宣車とともに、亀岡JCの情熱が走ります。また、駅立ちもしてビラも撒きます。事業協賛も皆様のおかげを持ちまして、何とか目標に達したようです。ありがとうございました。
 そして後は、16日当日、良いお天気になることを祈りながら、詰めの作業に入っていきましょう!!!
 4000個の灯りが照らし出す、幻想的な風景が目に浮かびます!

第11回理事会でした

 昨日は、第11回理事会を開催しました。みなさん、ちょっとお疲れ気味でしょうか?報告の審議事項の折には、あまりにおとなしかったようです。まあ、徐々にペースが上がってきて、協議事項の頃には、良い感じになっていましたが・・・・
 何分、9月16日の燈亀会(とうきえ)まで、あと10日しかありません。そっちに気が行っているのなら、ある面仕方ないけど・・・
ただ、理事たるもん、それでは困るのである。
 内容は、事業計画の二議案が再上程をお願いする結果となってしまいました。この時期に来て、正直しんどいですね。ただ、こだわりと言うか、ある程度できているにも関わらず、より良い議案や事業を目指して、つまり、一年を完成させるための議案持ち帰りでした。担当いただきます委員長には、ご苦労ですが、もう一度、委員会で考え抜いてください。
 昨日は、久方ぶりに、直前が出席して下さって、助かりました。やはり、言うまでも無く彼のスキルは素晴らしいです。会議の議長も最近、
40歳を向かえ、本当に体力的にしんどい。最近なんか、11時を廻ると、体中が結構悲鳴を上げてます。しかし、老体に鞭打ち、2007を
完成させるため、頑張っていきます。
 委員長さんを始めとして、今がJCのしどきです。悔いのないように・・・・

燈亀会(とうきえ)ってなんでしょう!

 このコーナー。多くの理事長さんや他LOMのみなさんもよく読んで
下さっていることを鑑みて・・・。亀岡JCの事業をちょっと紹介してみます。
 ホームページの表紙に大きく出ている燈亀会(とうきえ)。これは、
勿論事業名称でありますが、具体的には、ペットボトルを切って、その中に水を入れ、そのまた中にろうそくを浮かせたものを4000個作り、亀岡市民や外部からのお客様に見てもらおうというものです。
 日時や場所はご案内の通りですので、どんな趣旨かというと、普段忙しく暮らしている現代人が、このひと時、スローな夜を過ごすことによって、環境問題そのたのことに実感として気づいて頂きたいという願いであります。また、亀岡駅北の保津川下り乗船場までの建設中の道路で
行うことで、より多くの方に生まれ変わる亀岡市やふるさと亀岡の在り方についても同時に実感として考える機会にしたいというのが、趣旨であります。
 当日(9月16日)は、4000個の燈亀の灯りで幻想的なムードを醸し出すことは勿論、中国長城楽団による演奏で、より夢想に浸って頂きます。また、亀岡特産のブースも用意し、素晴らしい秋の一夜になりこと請負です。
 只今、LOMを揚げて準備に取り組んでおりまして、あと一歩頑張れという状況ですが、本番の日には必ずや、4000名の動員とともに、
亀岡独特の素晴らしい大自然を感じるシュチュエーションの中に4000個の燈亀が浮かび上がることになります。
 皆様、もしお時間にご都合が付くようでしたら、一度亀岡の事業も覗いてみて下さい。メンバー一同、心よりお待ち申し上げますと同時に、
歓迎申し上げます。

第8回 京都ブロック会員会議所

 土曜日は、八幡の地で、第8回の京都ブロック会員会議所がありました。私は、商工会青年部さんの地区大会式典に参加後、午後1時過ぎに出て、出席しました。木曽事務局長、荒木専務ご苦労様でした。また、奥村副会長(副理事長)は、今回は、報告議案を2つ上程され見事、承認を得られました。お疲れ様でした。
 今回の開催地、八幡JCさんで、本当にお世話になりました。感謝申し上げます。そして、私も記憶に無かったのですが、やはり会員会議所を八幡で開催するのは、創立以来始めてだったそうです。しかし、立派に成し遂げられました。毎年、9月の会員会議所は、次年度の会長予定者のお膝元で開催されます。順序は逆になりましたが、次年度会長予定者として、八幡JCの中原重夫君が決定しています。彼は、JC暦も長く、様々な役職を経験された素晴らしいJCマンです。必ずや素晴らしいブロック運営をしてくれると思いますし、我々亀岡にとっても、奥村国際委員長の折の担当副会長ということで、本当に縁と義理のある会長予定者であります。そして、会員会議所の運営もそうですが、八幡JCさんは、本当に命がけでブロック運営をして頂く覚悟がよく伝わってきます。亀岡としても、全力をあげてブロックに協力していって欲しいです。
 会議の後の懇親会は、またまた、1次会2次会と終わったのは、1時前でしたが、その中で、他の理事長や伊藤直前会長、山田会長までもが、理事長は、これからさびしくなるとおっしゃっていましたが、私は、さびしくなっている訳にはいきません!
 会員拡大、燈亀会、公開討論会、9月、10月、11月例会、とまだまだ、私の責任も続きます。ちょっとだけ卒業生モードになりつつも、
まだまだ、さびしいなんていってられません!!!!!

商工会議所青年部近畿地区大会

 昨日から、亀岡で商工会議所青年部さんが、近畿地区大会を開催されています。青年部のみなさん、亀岡のおもてなしの心でお出迎え大変ご苦労様に存じます。
 本日は、10時半から大会式典、そして昼食時のカレーの配布には、
亀岡JCからも5名程度、お手伝いを頂くことになっております。よろしくお願いします。その後、フォーラム、分科会、そして懇親会と続くようですが、是非、頑張ってほしいと思います。
 地区大会といえば、京丹後JCが素晴らしい大会をされましたが、その大変さと逆にやり甲斐がある事業です。
 青年部さんとは、年齢やまちづくりに対する考え方、そして何より、このまちを良くしたいという部分では、JCと共通点があります。そんなある意味、仲間が渾身の思いで行う、この大会を心から応援しています。
 本日私は、式典に参加後、京都ブロックの会員会議所に出席するため、午後以降は、参加できませんが、お手伝い頂くメンバーのみなさんは、是非、青年部さんの熱い思いも感じ取って、明日への糧にもして欲しいと思います。
 今回の大会の大成功を心から、お祈り申し上げます。
Hideaki Fukui

バナーを作成

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。