まるふくさんの☆おっちゃん☆ブログ 2007年10月 現在の閲覧者数:

まるふくさんの☆おっちゃん☆ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08年度 第3回室長会議

 昨夜は、次年度の第3回室長会議が開催されました。室事業方針や
委員会運営方針(案)が上程されたにもかかわらず、スムーズな議事進行もあり、12時半頃に終了しました。
 私がは、皆さんが思いを自分にものにしつつ、よく考えて、しかも、思いをぶつけるといったような文章を書いておられることが、一番素晴らしいと感じています。今後も、益々、折角やるJCですから、もっともっと楽しんで頑張って欲しいと願うばかりであります。
 これから、本当に委員会や事業が動きだすと、実際はその通りにいかないことも多々ありますが、最初に思いがあってこその、違いであります。最初に思いもない者に現実とのずれなんてないんです。だれでも、思っているようにしようと思って、頑張るわけですから、それもないと
したら、やっただけ、しただけ、の事業や一年間になってしまいますので、益々、今、思いを強めて下さい。
 私は、昨日、ご挨拶で、ジェットコースターの話をしましたが、私自身は、JCの予定者の段階は、飛行機が飛び立つ前に滑走路で加速して
いる状態だと思っています。十分、加速をつけないと、飛び立てないばかりか、墜落してしまいますよ!そうならないように、今、今が大切です。
 私は、現理事長として、また、直前理事長として、みなさんが、07年度を超えて行く!そんな姿が見たいですし、それが、私が一番喜びに
感じることであることを申し添えておきます。みんな、頑張れ!!Image090.jpg

スポンサーサイト

京都JC青松会45周年事業

 昨日は、京都JCさんの茶道同好会、青松会の45周年記念事業に、
堤直前(亀岡青松会会長)、奥村予定者、荒木専務、何故か山本仁士君
と一緒に参加してきました。
 午後6時30頃から始まった会は、裏千家お家元も出席され、また、
全国16LOMある青松会のうち、10LOMもの皆さんが参加して、45周年をお祝いしました。大変、素晴らしい料理と素晴らしい挨拶、
そして、お家元や各LOMの皆さんと親しくお話をされて頂きました。
 また、京都JCの本年度日本JC顧問の平井誠一君ともお会いでき、
色々とお世話をかけた御礼を申し上げました。
 亀岡JCの青松会は、実は、京都の次にできた会なんですねぇ。みんな知ってました??茶道ってとっつき難いとお思いでしょうが、茶室の静寂さは、スローな素晴らしい時間ですし、また、茶道を通して様々な人にお会いできる素晴らしい機会になります。是非、みなさんもご入会下さい。来年は、不肖わたくしが、青松会に会長をさせていただきようですので、様々な事業もさせていただきますので宜しくお願いします。
 京都JC青松会さまの益々のご発展をお祈りするとともに、おめでとうございました。

秋祭り

 深夜2時過ぎ、自宅に帰った私。明日は、いや今日は、亀岡地区西部の秋祭りである。走田神社の秋祭りであるが、私は毎年、太鼓打ちとして参加している。準備をし、眠ったのは、3時頃であろうか??
 それでも、さすがお祭り大好きである。6時過ぎには神社に到着。太鼓の車(1t車の荷台に太鼓を括り付け太鼓を叩く。太鼓は表裏2面の為、4名が乗り込む。)を準備して、颯爽と繰り出した。
 余りの連日の疲れと寝不足により、大丈夫か?と思っていたが、お祭りはそんなものではない。朝から程よく(??)お神酒を頂きながら、絶好調である。しかし、今年もまた、健康でこうして太鼓を叩くことが出来たことに大感謝である。
 お昼を過ぎ、酒が覚めてきた。しんどい、辛い。しかし、太鼓は本当に面白いし、奥が深い。JCの松本先輩も一緒だったが、本当に素晴らしい一日であった。
 午後5時前、神社に帰り着き、片付けを終わった私は、6時ごろに家に帰った。もうくたくた。私は、9時前には眠ってしまったのであった。また、来年のお祭りまで頑張ろうと心に誓ったのであった。
 勘原君と私

08年度、第2回理事会

 あ~、眠たい。午後1時を廻った会議!久方ぶりに、運営サイドから
離れた会議。辛い。強烈にしんどかった。
 しかし、第2回となり、各室長さん、委員長さんの熱のこもった方針やら、答弁を聞いていると良かったという気がしています。私は、挨拶でも、今日までやってきたことを自信を持って、迫力を持って伝えて欲しいと言ったと思いますが、よく実践してくれました。それが、まずは、新任の委員長さんが成すことの一番だと私は思っています。間違っているかどうかとか、議案がいけるかどうかとか、そんなことより、委員会の思いを、自分の思いを、そして、過去も現在も未来も含めた自分自身を会議に乗せていくんです。そうすることで、あなたの想いや熱意は、委員会のみなさんにも伝わり、素晴らしい委員会を持つことが出来、委員長のみならず、全てのメンバーの方々にも素晴らしいJCの一年間を過ごして貰えるはずです。私も、そのことを念頭に委員長の時も、今年もやって参りました。どうか、迷いなく、自分自身に凛として活動していって下さい。心より御健闘をお祈りしています。
 繰り返しますが、運営サイドから離れると、本当に気楽です。しかし、別の意味でしんどい。今まで、直前理事長、監事、顧問のみなさんのしんどさも、愛情も、そして、努力も、やはり、その場その時その人になって活動されていたことが、よく判りました。私も、まだまだ、古舅のようにみなさんをよくよく、見ていきますので、お覚悟のほどを・・・

第15回 正副役員会議

 昨日は、もうなにか懐かしい感じのする、07年度の正副役員会議を開催致しました。議案内容的には、まだまだ重いものもありますが、どうも、次年度会議の方が回数が多いこともあり、久しぶりって感じです。
 私も理事長として、卒業生として、後、数回しか会議を出来ません立場になってきましたので、ここで、新たに「挑戦」を行うことにしました。それは、他LOMの方はお笑いになるかも知れないけれど、会議の時間を守ってスケジュールに添って会議を進め、終えるということであります。我が亀岡JCは、会議室に恵まれております。全く何時まででも会議ができる環境があるものですから、ややこしい議案などがあると、時間をエンドレスで会議をやってしまうのです。ある意味、それがもう伝統に近い形までなっていて、遅くまで会議をするのは当たり前。
発言も言い足りないことがあったら、スッキリしない・・・。そんな、気分が充満しておるのも事実です。しかし、青年会議所である以上、
きちっとした時間を守った会議を私は、次年度以降に残していくことをしたいと思った訳です。勿論、全てに時間が優先する訳ではありませんし、じっくり議論しなければならないことは一杯あって、だからこそ、今の亀岡があることも事実ですが・・・。
 結果、私は一定の成功をみれたと思っています。従って、来るべき、
来月の理事会は、議案を読み上げずに説明や思いの発表だけで、会議を進める昨日の形をとってみたいと思っています。そのためには、何をおいても理事のみなさんが、事前配信された資料に確実に目を通し、事前に意見や質問も抽出しておくことが、必要ですし、また、議案作成者も
そのことを念頭に、精度の高い議案を作成しなければなりません。
 お互い、少し高いハードルになるかも知れませんが、ここまで、07の活動をしてきたみなさんだからこそ、できる、と私は確信をしております。
 理事会が楽しみであります!

和歌山JC50周年

 昨日は、和歌山JCの50周年記念事業、式典、懇親会に山中監事、村田顧問と一緒に出席をしてきました。ご存知のように、昨年、山中監事が日本JCサマコン副委員長として、また、村田顧問と能勢副理事長もご一緒に出向しておられた関係からですが、和歌山JCの周年の実行委員長が、昨年のサマコン委員会の委員長だったこともあり、ご案内がきましたので、私も亀岡の理事長として喜んで出席してきた訳であります。
 午前9時ごろに出発。11時半には和歌山市内に入り、早い昼食の後、記念事業、映画鑑賞です。多くの市民のみなさんと会場で、ふるさと和歌山を意識した素晴らしい映画(映画監督から、女優さん、俳優さん、中学生のエキストラまで登場してのもので、本格的なものでした。
いったい、制作費。いくらかかってるんでしょう??大変興味がありますが、内容は、素晴らしく、泣き虫の私は、10回以上・・・泣いてしまいました。亀岡JCでも一度、みんなに見てもらいたいと思いますので、山中監事、中谷委員長にお願いしてね!
 その後、会場を移動しての式典。4時に始まって6時まで・・。みっちり2時間。はっきり言ってしんどい。しかし、和歌山さんの情熱をモロに感じて感動。そして、懇親会は、6時半から・・。
 地元の太鼓芸能と、黒マグロの解体ショー!さすが和歌山ですね!
マグロの大トロにぎり。一人一貫でしたが、私たちは、コンパニオンの
お姉ちゃんのお願い!!余ってるの探して持ってきてって!。素晴らしい。私たちのテーブルだけ、大トロのにぎりがあふれていたのだ。
私は、おいしい、大トロを何と、7~8貫も食ってしまった。十分もと取りましたし・・・。
 その後、お腹が一杯になった私たちは、10時半ごろ亀岡に帰ってきました。私たち卒業生ばかり3人での周年事業参加も気楽でよろしい。
そして、これが、最後の他LOM周年でした。
 何はともあれ、この度は、和歌山JC様、50周年おめでとうございました。本当に、素晴らしい周年事業に参加させて頂いて、よい勉強にもなりました。有難うございました。山中、村田、能勢も含めて、心からお祝い申し上げますと同時にお礼を申し上げます。

南郷お堀クリーン作戦!

 今朝は、6時50分から、「魅力ある城下町復活にぎわい創出プロジェクト」さんの呼びかけで、南郷公園付近を約1時間掃除してきました。一緒に参加してくれた荒木専務にまずは、お礼を申し上げます。
 まあしかし、いつものことながらJCの先輩方。多いです。30人くらいの参加者でしたが、半分くらいかなって感じです。恐れ入ります。
だからこそ、僕たち現役は何でも出きるんですよ!
 さて、清掃作業ですが、私たちは軍手をはめて、火箸を持ってのいつものスタイルで、クニッテル通り沿いを清掃しましたが、そんなにゴミって落ちてません。さすがに一昔より、意識が徹底されてきているのが
よく判ります。しかし、歩いていくと、塊になってゴミが落ちている。
信号で車が停車する、交差点の手前。停車中の車から、吸殻やカンや、ひどい者は、コンビニの袋一杯に車内のゴミを捨ててありました。全く、ひどい。そんなことをするのは、自分の人間性を捨てているのと
同じで、決して幸せな人生ではないということを自覚しているのでしょうか?
 ともかく・・。私たちメンバーには、そんな人はいませんので安心ですが・・・。そんなことを考えさせられた、掃除でした。
 でも、朝の掃除って気持ちの良いものですね!!!

千玄室先生講演会

 本日、9時30分から、亀岡中学校の体育館にて裏千家 千玄室先生の講演会に参加してきました。この講演は、亀岡中学校が道徳教育の一環として、開催されたもので、全校生徒と亀岡小学校、城西小学校、保津小学校の6年生も参加しての、大講演会でありました。
 堤直前と荒木専務、そして、関本強先輩、鈴木伸也先輩と私の5名で
の参加でありました。勿論、私たちは、亀岡JC青松会として参加した訳でありますが、日本人が本来持っていなくてはならないアイディンティティを判りやすく、素晴らしい講演を頂きました。講演を聞かせて頂いて、私自身、また勉強をさせて頂いたことは勿論ですが、中学校が、授業の一環として、このような公開授業をされていることに心からの感銘を受けました。
 亀岡中学校、木村校長先生は、私の中学時代の恩師でもありますが、当時から、私は可愛がって頂きました。勿論、よく怒られたという意味でですが・・・。しかしながら、年数を経て、校長になられても、その地位にしがみ付く事無く、素晴らしい事業や教育をされています。
 私たちは、ご存知のように8月に京都ブロックの事業で、亀岡中学校を使わせて頂きました。そのお願いにお伺いした折も、私たちJCに大いに期待していると、私たちの理想を励まして頂き、気持ちよく、学校を使わせて頂きました。心から感謝申し上げます。その折に、みなさんもお感じになられたことと思いますが、亀岡中学校のトイレの綺麗だったこと・・・。素手で便器を掃除することにあまり抵抗なんか感じないほど、きれいだったですよね。木村校長は、そんな部分を大切にしたいという思いから、生徒たちに教育の一環として掃除を積極的にさせているそうです。
 たぶん、今日の千玄室さんの講演内容を聞くと、反発を感じる先生方もきっといらっしゃるかも知れませんが、見事に統制がとれて、一糸乱れぬ素晴らしい公開授業でした。
 私は、個人的に木村先生の教育論なり社会論なりというものを一度、きっちりと聞いてみたいと感じました。合計してもわずか2時間ほどの
時間を使っただけでしたが、本当に素晴らしい講演と、それよりも、
亀岡の未来は、きっと明るいと思えるほど、素晴らしい学校教育がなされている現場を目の当たりにし、感動することができた素晴らしい一日になりました。
 本当に有難うございました。!!

亀岡市長選挙ローカルマニフェスト型公開討論会

 昨日は、亀岡市長選挙ローカルマニフェスト型公開討論会を開催致しましたところ、大変多くの皆様方にお越しを頂きまして、誠にありがとうございました。私たちメンバー一同、心から御礼申し上げます。
 私たちは、「明るい豊かな社会の創造」を目指し活動していることは、勿論ですが、そのためには、「私たちのまちはわたしたちの手で・・」という意識を多くの皆様方に持っていただきいと願っています。そんな中、今回の亀岡市長選挙は、私たち市民にとりまして、市民参画の市政を実現する為の格好の機会であると思います。そんな意味でも、個人重視ではなく、政策本位で私たちに代表を決めていくことは大切なことです。
 おかげさまを以ちました、今回の公開討論会はどうやら無事終了することができましたが、まだまだ不十分な点やお気づきに点も多々あったと思います。私たちは、益々精進し、研鑽努力して参りますので、今後とも、ご理解ご支援を宜しくお願い申し上げます。
 そして、願わくば、本、公開討論会が、来るべき亀岡市長選挙の投票率上昇に寄与できることを心から願っております。有難うございました。

 また、昨日は、近畿地区チャリティゴルフ大会が、亀岡カントリークラブにて開催されましたので、私と奥村予定者、中川副理事長、荒木専務、山本仁士君で参加をしてきました。これは、京都ブロック内のクローズド大会で、ブロック内の多くのメンバーで気楽にプレーを楽しみました。私は、ゴルフどころではありませんでしたが、大変よいお天気の下、楽しくラウンドさせていただきました。スコアは別として、約40万円をサンケイさんに寄付し、社会福祉に役立てて頂くことになりました。参加頂いてみなさん、本当にご苦労様でした。JCにはこんな事業もあります。メンバーのみなさん、健康増進のため、普段のストレス解消のため、来年は参加してみては如何ですか!!!

公開討論会街宣車

 10月16日(火)午後7時より開催する、亀岡市長選挙、ローカルマニュフェスト型公開討論会の街宣車が走り出しました。車は、燈亀会の折に使ったやつですが、看板は亀岡JCのメンバーの手書きです。
 正直、予算もないのですが、そんなことより、手作りの街宣車もなかなかですよ!この街宣車の意図、勿論、動員を計る為のツールではありますが、私の本当の狙いは、ローカルマニフェスト型公開討論会を亀岡JCが開催するのだ!ということを、亀岡中に知らしめることであります。
 公開討論会は、必ずや亀岡JCにとって、また、亀岡市民にとって、必ずや光り輝く、価値を持つときが必ず来るのです。そうです。私たちは、その時を信じ、粛々と今回の公開討論会を開催して参ります。メンバーの皆さんの協力は勿論、亀岡市の皆様方にも、是非、ご覧になりに来て頂きたいと思っています。
 私たちの私たちの手で作り出す、素晴らしい機会です。何卒、宜しくお願いを申し上げます。

公開討論会に向けて!!

 みなさん、昨夜の全体会議、お疲れ様でございました。多くのみなさんにご参加いただき、有意義な会議ができたと考えています。
 16日に向けて、みなさんのより一層の奮起を期待します。亀岡JCとしては、昨年の京都府知事選挙の折の第1回に続いて、第2回目の公開討論会であります。しかも、今回は、亀岡市長選という亀岡JCにとってまさに本番という公開討論会であります。
 前にもこのブログで書きましたが、私たちJCは明るい豊かな社会を創造するために、私たちのまちは私たちの手でという市民意識変革運動の波を巻き起こしていかなければなりません。そのためには、直接的に政治に市民が関わることの出来る最たる機会である、選挙時に政策本位で、自らのまちの首長を決めていくことの重要性を訴えていかなければなりませんし、また、その投票率を上げることに貢献できるとしたら、
私たちが夢見ている社会に近づくことが、できると思います。
 私たち、亀岡青年会議所と致しましても、大きな責任を使命を感じつつ、鋭意準備を進めております。
 10月16日(火)午後7時から、ガレリアかめおかに於きまして開催する、ローカルマニフェスト型公開討論会にご期待の上、多くのみなさんのご参加、ご列席をお待ち申し上げます。

本日は、全体会議

 みなさん、昨日は10月例会お疲れ様でございました。また、お忙しい中、私たち亀岡JCにために駆けつけてくださいました、下川先輩、本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。しかし、このブログも困ったもので、恥ずかしながら、うちのメンバーより、他LOMや先輩方が見ていただいている方が多いというのも考え物ですが、
またしかし、本当にありがたい事と感謝申し上げる次第であります。
 さて、10月例会が終わりました。亀岡JCも若いメンバーが多くなっておりますので、昨日のお話の内容は、本当に初めて聞いたことばかりだったと思いますし、よく理解することが出来たようです。せっかくの機会でしたから、今後もよくよく、昨日の内容を踏まえて活動していって欲しいと思います。私自身、色んなことを、みなさんにお伝え出来ていない自分がいましたことを改めて反省する機会も得ましたし、残り期間、小姑のように、言わなければならないことは言っていこうと改めて思いました。お疲れ様でした。
 本日は、16日に開催する亀岡市長選挙公開討論会に向けた、全体会議です。まさに、昨日の例会の実践であります。会員全員で創り上げる事業でありますので、昨日以上の出席者を以って、全体会議を行いたく思いますので、宜しくお願いを申し上げます。
 
PS:乙訓さん、池田直前会頭講演、ご苦労様でした。また、お話聞かせて下さい!!!

明日、10月例会です。

 昨日は、08年度の第1回理事予定者会議が、全員出席の下、素晴らしい形で開催されたことは、本当におめでとうございました。私も直前理事長として的確なアドバイスができるよう心がけて参ります。今後益々のみなさんの頑張りを期待しています。
 ところで、明日は、07年度の10月例会であります。残すところ講師を招いての例会もあと、2回になりました。早いものですね!岡本委員長の渾身の設えを期待するところでありますが、そのすぐあとにも、公開討論会全体会議、そして16日には、公開討論会本番と重要事業が続きます。岡本君は、本当に踏ん張ってくれています。次年度の京都ブロック副会長予定者としても、第1回の会員会議所を無事終えたようですし、本当に踏ん張りどころですね。忙しいと思いますが、ガッツで頼みます。みなさんも、今の彼を応援してやって下さい。きっと、素晴らしい気合の入った例会をしてくれるはずです。
 私も、残り2回になった、貴重な例会を有意義に迎えたく思っています。みなさん、明日は、みんなで笑顔でお会い致しましょう!!

第1回理事予定者会議

 今日は、第1回の理事予定者会議が開催される日であります。奥村予定者や溝行専務予定者そして、次年度初理事のみなさんは、朝から緊張しておられるのではないかと思います。
 私も、かれこれ8年前、1999年、金沢理事長予定者の下、緊張と不安とまた希望を持ってこの会議に出席したことを思い出しました。当時、私は、父が亡くなって1年後ということもあって、全くの不安だらけの状態であり、その場その場でその場を頑張るしか、何事も持っていませんでした。その後、亀岡JCのみなさんに本当にお世話になって今がある訳であります。また、2003年、専務理事予定者としての、第1回には、それ相当の緊張と苦労が・・・昨年、理事長予定者としては、また、別の感慨と緊張を伴っていたことを昨日のように思い出します。特に理事長予定者の第1回理事会だけは、他の人にどういっても判ってもらえない位、緊張もしますし、自分が掲げる1年間の指標をみんなが全員賛同してくれるか?また、その意図を理解してくれるか?ということについて、本当に不安であります。
 みなさんにとっても、自らが貴重な時間とお金を含めて、費やしてやっていく、時には、自らの身体をかけやっていく活動に対して、本当に納得してやっていけるかどうかの確認をする最後の機会であります。
 そんな、重要な会議ですから、理事会構成メンバー全員で行わなければ意味がありません。本日は、どうか、全員参加の下、こんなに重要な会議が滞りなく、お開きまで持っていける事を心の芯からご期待を申し上げるものであります。
 これは、まさに、直前理事長予定者としての、私の責任でもあります。みなさん、どうぞ、宜しくお願いを申し上げます。

京都ブロック第9回会員会議所

 昨日は、第9回の会員会議所が、福知山の地で開催されました。また、午前中からは、亀岡歴史学校が開催され、北野委員長を始め専務や
参加下さった皆様、ありがとうございました。私は、疲れがピークで、
午前中、英気を養っておりました。すいません!
 会員会議所ですが、ブロックの事業も大方終了して、報告案件が多くなりました。そんな中で、サイボーズというものを採用する議案が承認されました。その採決に当たっては、やはり、年当初からの計画になかったこともあって、再上程、再上程の繰り返しでありましたが、12対1で可決されました。・・・ちなみに、私が反対してのでは、ありません。・・・
 12月の委員会報告会が残念ながら取り下げとなりました。結果的に来月の会員会議所の議案が残って良かったというか、もうそろそろ、さみしくなりかけている卒業年度理事長は、来月も会えると喜びあってしまいました。後の懇親会、そして、理事長会でも、そんな話がでるようになって、そろそろ、って感じです。
 まあ、何にしても、今年年内一杯は、メンバーとして、確実に義務を果たしていこうと、みんなで誓いあいました。
 しかし、07亀岡JCは、公開討論会もありますし、例会、FT、まだまだ、重要な日々が続きます。さびしいなんて言っていられるものか・・・・・

08年度 第1回 室長会議

 昨日は、08年度の記念すべき、第1回の室長予定者会議が開催されました。まず以って、ここまでの次年度奥村理事長予定者を始め、次年度役員のみなさんのご苦労を労いたいと思います。おめでとうございました。
 わたくしも、直前理事長という重要なポストを受け持たせて頂くことになる訳でありまして、昨日はみなさんともども、大変うれしく思いました。また、現理事長として、07年度も後半に差し掛かったこの時期に無事、次年度の第1回の会議体が持てたことは、責任を大きく果たせたことになる訳です。ご苦労様でした。しかし、挨拶でも申し上げましたが、そんな大切な第1回の会議に構成メンバー全員が揃ってスタートを切ることが出来なかったことは、大変、重大なことであります。
 亀岡JCは、理事会等の審議をする場合、私も理事長としてそうですが、理事会構成メンバー全員の同意が取り付けられるまで、採決を極力行いません。本来のことを言うと、多数決の原則ですから、13対12でも承認は承認なのです。しかし、最後の最後まで、全員賛成の挙手を
目指して会議をするのは、全員が納得して進んでいこうとする亀岡JCの良き伝統であり、これこそが、本年度流に言えば、「和」なのです。
 そんな風に考えると、理事長予定者の大切な大切な所信やみんなにとって一年間の指針になる、基本方針や組織、職務分掌を決める会議に欠席者がいては、一年の最初から、亀岡JCの伝統は勿論、07年度の
スローガンさえも、ないがしろにしたことになります。
 勿論、私はそうは思いませんが、それほど第1回の会議を今まで、大切にしてきました。そのことが、だれよりも完全に判っている二人が、
欠席していたことは、現職理事長としても断じて追求させて頂きます。
しかし、08キャビネットとしても、大いに反省して下さい。
 そして、来週の理事予定者会議では、全員揃っての第1回が、開催されますことを強くのぞみます。

第12回 理事会

 理事会構成メンバーのみなさん、昨夜はお疲れ様でした。ご挨拶でも申し上げた通り、本年の最後の山場の会議だったと思います。各委員長は、本当に、最後の勝負というか、自分と自分の委員会メンバーの一年間の思いを込めた、上程をして頂き、審議案件全て、全員賛成のもと、審議通過させて頂きました。改めて御礼申し上げます。しかし、一部、上程さえ出来なかった議案があったことは、理事長として責任を感じると同時に、当事者に厳重注意を促します。今後、その当事者は自らの責任において、何らかの働きかけがあることを強く望みます。
 協議上程も、12月例会、卒業式、クリスマス、年間事業報告書と、
ついに最後の最後の議案が出てしまいました。ぞうぞ、素晴らしい一年の締めくくりができますようにと祈るばかりです。一年間のみんなの苦労のために・・・そして、次年度のために・・・
 そう言えば、本日は、次年度2008年度の第1回室長会議が開催されます。私は、全国大会帰ってから、火、水、木、金と4日連続の会議です。土曜日にはブロックの会員会議所が福知山であります。そうです
JCには、特に今は、休みはありません。
 みなさんも、大変な時期ですが、「その場、その時、その人になれ」
で頑張って行きましょう。本日第1回の次年度会議が大成功裏に行えるよう、心から祈念致します。
 あっ、そうでした。私も、直前として、出席するのでした・・・・

公開討論会

 本年、亀岡市では、亀岡市長選挙が10月21日~28日の日程で行われますが、これに際し、(社)亀岡青年会議所では、ローカルマニュフェスト型公開討論会を10月16日(火)午後7時から、ガレリア2F大広間にて開催を致します。今、現在、両候補ともに出演の快諾を得まして、準備を行っておるところです。
 ローカルマニュフェスト型公開討論会とは、何ぞやと言うことですが、これを説明するには私たちが目指す方向性から説明する必要があります。
 私たちJCの会員は、全国規模で約4万人の会員がいますが、みんなが「明るい豊かな社会の創造」を目指して活動しています。これを成し遂げるためには、私たちを含めた市民意識の変革運動こそが大切であることはおわかり頂けるでしょう。
 今までのように、何でも行政に任せとけばしてくれるという時代ではなく、私たちのまちは私たちの手で・・という考え方を広げていかなければなりません。また一方、行政体の首長になろうと立候補する方々は、市民に対する政策の約束(マニュフェスト)によって、つまり、人柄や出身地やその他のことではなく、政策によって選ばれる必要があります。
 これは、私たちがローカルマニュフェスト運動と呼んでいる運動ですが、公開討論会をすることが目的なのではなくて、市民の皆さんと一緒にこのまちを我が事として、考えることが出来るようになっていくことで、市民の政治への参画度が変わります。まさにこのようなサイクルを
JCでは、市民意識変革運動と呼んでいます。
 この度、ローカルマニュフェスト型公開討論会を開催するにあたり、
討論会自体の目的は、来るべき市長選に立候補された2人の候補の政策を明確にし、人物やその他の要素よりも政策を以って、自分たちの代表を選んでいく・・・。政治を遠い世界ではなく、自分たちの代表を自分たちで選ぶという意識を高揚させたい。そして、結果として、投票意識を促し、投票率が上げることにつながれば大成功であります。
 また、選挙が終わり、1年後2年後と、この討論会でお話になった内容が、どの程度約束どおりに実行されているかという検証の場を持つことで、行政と市民の大きなパイプとしての市民参画型の市政が展開していくのであります。
 お断りですが、これは、各陣営の開催する立会い演説会ではありません。あくまでも、各候補をそれぞれが提出されたマニュフェストに則って、公平無私にしかも、発言も公平な時間を設定して行うものであります。
 只今、亀岡JC総力を挙げて鋭意準備中であります。どうぞ、ご期待の上、多数のご来場をお待ち申し上げます。

全国大会&卒業旅行

 昨日、無事帰って参りました。期間中、皆さんに本当にお世話になりました。心から御礼を申し上げます。
 私は、わがままを言って、木曜日の昼から出発をしましたが、わがままに付き合ってくれた、畑委員長には特に感謝申し上げます。
 金曜日の日本JC総会の話は改めてするとして、その後、先発隊の8名で楽しい夜を過ごしました。土曜日は、阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖、美幌峠と全行程380kmのドライブもしてきました。そして、本隊のみんなの到着後、LOMナイトも素晴らしかったです。
 日曜日は、式典と卒業式に際し、若いメンバーが朝早く起きて、会場の席取りに行ってくれました。本当に感謝です。それにしても寒かったこと・・・。おかげさまで、ずっと目標にしてきた、あの壇上に上がることができました。お礼申し上げます。
 その後、札幌に移動してからの土産話や武勇伝は、別の機会にお話するとして、本当に充実した5日間を過ごすことが出来、本当に満足しています。みなさんの気持ちよく卒業させてやろうという気遣いがよく伝わってきました。ありがとう!
 こころから、お礼申し上げます。
Hideaki Fukui

バナーを作成

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。