まるふくさんの☆おっちゃん☆ブログ 2007年11月 現在の閲覧者数:

まるふくさんの☆おっちゃん☆ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回 社会開発事業実行委員会

 昨日は、本年度の社会開発事業、報告の実行委員会が開催をされ、報告案件、全てが承認されました。
 本年度の実行委員会では、9月16日の「かめおか夢プロジェクト~燈亀会~」と、10月16日の「亀岡市長選挙 公開討論会」の二事業を開催して頂きました。
 各班からの事業報告、それから、全体の収支決算を終え、以上を以ちまして、実行委員会組織解散となります。しかし、燈亀会、公開討論会ともに、事業報告書の作成や次年度への引継ぎ等、大切なことが、まだ多く残っていますので、事務局は、もうひと分張りお願いします。
 ともあれ、2月に立ち上げて以来、永い永い10ヶ月にも渡る実行委員会でしたが、途中、流会することも無く会議も開催でき、また多くの成果の元、この日を迎えて頂いた、奥村実行委員長、岡本副実行委員長を始めとする、事務局メンバーに心から、御礼を申し上げます。
 また、燈亀会・公開討論会を通しまして、ご協賛、ご後援、そして、ご協力、ご支援賜りました全てのみなさん、そして、事業にご参加頂きました、全てのみなさんに、心からの感謝を申しあげます。
 私たち(社)亀岡青年会議所のまちづくり事業が、今後も益々盛んになりますことと、本年、皆様に少しでも何かをお伝えできたと言う事を確信しています。そして、このまちは、このまちの人の心は、また少しだけ動きました。ありがとうございました。100_4561.jpg

100_4693.jpg

100_4616.jpg

スポンサーサイト

FT修了セミナー

 昨日、11月25日、2007年度FT修了セミナーが開催されました。参加者は、本年度入会の9名中、8名。久々の多人数でにセミナーです。理事メンバー、役員メンバーを始め、数名のオブザーバーも来てくれました。
 FTさんは、津田孝君、宮川忍君、平元一彦君、林一彦君、小島永明君、佐伯由紀君、木村裕輔君、川本直史君の8名であります。8名は、見事にフレッシュマントレーニングを卒業されました。おめでとう!
今後は、亀岡JCの一人前のメンバーとして、LOM活動にブロックに日本にと活躍して下さい。また、それだけではなく、会社や家庭、そして、地域のことにも責任がまた、うまれたと思って欲しいです。
 ところで、今回の修了セミナー。矢野先輩の講演、きちっとレジメを創って頂いての計画性のある講演でした。また、神蔵寺からの徒歩の途中、休憩をさせて頂いた、宮本屋さんの木戸先輩には、コーヒーを出して頂き、親しく新入会員とお話頂きました。それぞれに先輩方のJCに対する思いをしることが出来たと思いますし、また、それだけではなく、先輩方がJCでやってこられたことや、勉強してこられたことが、言葉だけじゃなく、実践で示して頂いたことで、新人のみんなの心に染入ったのではないかと思います。
 最後半の本日の感想3分間スピーチでは、みんなが口を揃えて、今日一日の理事、役員メンバーへのお礼と先輩方へのお礼と感想。そして、明日への決意を全員、もれる事無く、また、だれも教えていないにも拘らず、スピーチしてくれました。大変素晴らしかったですね・・・!
 私も、理事長として、本年の最重要事業の一つ、修了セミナーが、多くの成果を得て、終えることが出来たことを以って、大半の役割を終えることができました。皆様方に心から、御礼を申し上げます。
 ただ、あと、少し。理事長頑張りますよ!!何はともあれ、みんな、ありがとう!!!そして、ごくろうさまでした。Image123.jpg

Image129.jpg

Image132.jpg

生簀釣り

 24日の土曜日は、ほんとに数年ぶりかで夫婦でデートに行って来ました!2人だけでどこかへ行く機会なんて、こどもがいる限り、ほんとにありません。ほんとに、久々です。
 生簀釣り。姫路から船で30分。家島諸島にある、「釣り掘り水宝」です。亀岡を朝、4時に出発。6時前、姫路に到着し、魚の餌と人間の餌を買います。そして、姫路港を7時に出港。7時半に到着し、8時から、釣り始めます。
 普通は、朝一番のモーニングサービスといって、お腹を空かした魚たちが、すぐに喰いつくはずです。しかし、このところの低温で水温が下がり、魚が動きません!それでもなんとか、最低限、自分の家とお配りするだけに量を釣って、帰って来ました。
 そして、2時ごろに姫路港につき、ジョリーパスタで昼食後、亀岡には、4時半頃に帰ってきました。この釣り掘りの釣り。釣堀だからと、馬鹿にするなかれ・・・・!難しい!!生簀の中に魚はかしこい。どの深さにいるか??どの辺にいるか??また、時間帯によって、何を食べるか??など、その場その場に応じて、対処していけなければなりません。おもろい!はまる!!次回、ご一緒できる人は、是非!!!
 しかし、普段仲のあまり良くない夫婦も、たまに二人っきりになると、よく会話し、なかなか仲良くなるもんですな~~!
 今日は、個人的な、日記ですいません!!Image118.jpg

Image122.jpg

第3回 キッズふれあい駅伝大会

 本日、11月23日(祝)、午前9時から、亀岡運動公園競技場にて開催されました。これは、今年で3回目になりますが、亀岡市、南丹市、京丹波町の全ての小学校の代表チーム、6名が駅伝を競う大会であります。
 私たち、亀岡JCも船井JCさんも、第1回目から、運営に参画しています。本年は、担当で出向して頂いている藤田副理事長、荒木専務、村田顧問、中尾副委員長と私の5名で参加をしました。みなさんご苦労様でした。そして、船井JCさんからも、八田理事長、藤原君、小寺君とみなさん、ご苦労様でした。また、何故か、山中監事も、来てくださいました。やっぱり、ちょっと、ヒマ???いや、そうではないんです!第1回を行った時の理事長として、行く末が心配なのでしょう!!
 まあ、それは、さて置き、私と専務、藤田君は、区間賞のプレゼンターもしてきました。
 やはり、こども達は、前だけを見つめて、そして、学校を代表して、また、自分の仲間のために、その力以上の頑張りをしていました。やっぱり、青少年事業にスポーツは、しかも、団体競技は素晴らしいです。
 運営の方も、南丹教育局がメインの事業で、多くの先生方は勿論、
中学生や高校生もボランティアで運営を伝だってくれました。
 私は、もっともっと、こんな事業やこんな組織を亀岡JCもある意味、活用すべきと思いますし、そのためにも、こんな事業に協力していることも、みなさんに知って欲しいと思います。Image110.jpg

Image113.jpg

Image114.jpg

08 第4回理事会

 昨日は、次年度の第4回理事会が開催されました。早いものでもう4回目なんですね!さすがに活発な理事会になってきました・・・と思いきや、何か変なところで議論が紛糾しているような気も・・・。
 やはり、いつも申し上げていますが、上程する側は、背景、事業目的に自分たちの本当にしたいことを、文章に替えて書ききる必要があります。そして、それは、今までのものを参考にするのはいいけれど、やはりイチから創り上げて欲しいと思います。
 例えば、同じ、1月例会を開催するにしても、「和を以って」亀岡を動かそうとした今年と、「疾風怒涛」の次年度とでは、1月例会そのもものあり方が、微妙に違うと思いませんか??新年祝賀会なんて、通りましたがまさにそう!今年と来年では、担当する委員会からして違うんですよ!
 ですから、背景なんかは、イチから、やるつもりで・・・どのようなことが必要か?目的は、事業自体の目的を考えることで、背景の必要性を満たすもの・・。そして、事業内容でその目的をどんな手法で達成するのか?を書くんですよ!
 だから、目的に書いてないこと・・。例えば、誕生会員のお祝いをするという目的の議案なのに、名刺入れ自体を問題にしてしまうんです。
また、逆に名刺入れに思い入れがあるとしたらば、議案名が「誕生プレゼント品作成」とかに、変わるはずです。もう、お解かりですよね!
 議案自体の骨子というか、柱は何なのかということをずっと意識して下さい。そうすることで、会議での答弁も説明するポイントもハッキリ判ったきますよ!
 これは、私からのヒントですが・・・。まあ、そんなに簡単に習得できてたまるかとも思います。私も8年以上もかけて学んできたことですから・・・。これからのみなさんに期待しています。Image067.jpg

近畿地区第3回会員会議所

 本日は、午後2時40分から、大阪のホテルで第3回の地区会員会議所が行われました。私は、荒木専務と船井の八田理事長ともご一緒して12時に亀岡を出て、出席してきました。
 今日は、07会議に続き、08の会議。そして、日本JC事業説明会が行われた後、新旧合同懇親会という、スケジュールでありまして、奥村予定者と溝行専務予定者は、私たちより1時間くらい送れて参加された筈であります。というのは、お会いできませんでしたので・・・。
 会議は、補正予算と奈良ブロックの付加金の値上げ、そして、災害対策費の議案だけでして、約35分で終了。私たちは、今日は、08理事会に参加するので、懇親会まではいられないので、帰るつもりだったので、なんと短い会議参加でありました。
 夕方、5時半頃には帰ってきました。私は、今日はお酒を飲まないので、運転を専務と替わって久々に運転手で走ってきました。やはり、私は運転している方が、落ち着きます。来年は、いっぱい、いっぱい運転しますよ~!Image104.jpg

わいわいミーティング

 18日の日曜日は、午後4時半から京都の平安会館において、知事とわいわいミーティングが開催されました。奥村ノミニーと荒木専務、そして岡本副会長予定者、畑広報委員長、ご出席ご苦労様でした。
 いつものことですが、山田知事のあの少し舌足らずな熱い熱い話口調は素晴らしいですね!私たち若い者に叱咤激励というか素晴らしい機会を頂けたと思っています。
 内容は、人間関係が希薄になっている現在社会をどのように捉え、どうのように解決していくか?また、13LOMの存在する地域における諸事情や諸問題についてまでも、13LOM理事長の質問から鋭く、答弁を頂きました。私は、亀岡のことというより、JCそのもののことを質問させて頂きました。それは、新基準の公益法人になって、この人間関係がもっとも希薄ではない私たち青年会議所が、公益性ばかりを求めるあまり、自らの修練をしないで、私たちの和をあり得ない。そこのところを、京都府として、知事としてよくよく判っていた欲しいと要望をしました。それに関しても、しっかり受け止めて頂けて、良かったとおもっています。
 ご設営頂いた、京都ブロック協議会 安達委員長始めとする京都ネットワーク委員会のみなさん、お疲れ様でした。御礼を申し上げます。
今後、益々、我々JCと京都府が本音で語り合える場を設け、お互いがお互いのセールスポイントを活かし合える関係を構築することで、明るい豊かな社会を創造していきたいと強く思いました。100_5631.jpg

100_5618.jpg

07年度、全計画案件が承認されました。

 昨夜は、第16回正副役員会議、そして、第14回理事会を開催し、FT修了セミナー、卒業式、そしてクリスマスパーティーの3議案が見事、全員一致で承認を頂くことができました。この時期に来ての臨時の会議に理事様は全員出席頂き、ご審議頂きありがとうございました。そして、本当に慎重審議を頂きました。重ねて御礼申し上げます。
 そして、本年の新入会員、佐伯由紀君も理事会からは、オブザーブで出席してくれました。これは、フレッシュマントレーニングの一環でありまして、FT予備講座~理事会オブザーブ~理事長と語ろう~FT修了セミナーと続く、一連の新入会員の研修スケジュールに組み込まれているものであります。彼女は、真剣に会議を見学しておりましたが、全案件終了後、「一つひとつの事業を行うのに、こんなにたくさんの議論を積み重ねていることを始めて知った。私も、早くこの場に参加できるように、なりたい。」と、みんなの前で感想を発表してくれました。本当に素晴らしいスピーチで感動致しました。ご苦労様!
 これで、新入会員9名全てが、11月25日のFT修了セミナーに参加権を獲得致しました。私の一番大好きなFT修了セミナーが楽しみであります。
 また昨日は、本年度の全計画案件が終わったということで、閉会と同時に、何というかホッとしました。勿論事業はまだまだありますし、報告や決算を打たなければ本年度は終わりませんが、何というかある種の達成感を味わった会議になりました。3議案通された委員長の皆様、おめでとうございました。そして、ご苦労さまでした。さすが、本年度として、完成されたものになってきておりますので、最後の3発、是非とも、気持ちを引き締めて、素晴らしい「和」の華を咲かせて下さい。宜しくお願い申し上げます。Image067.jpg

とってもJC活動しました!

 今日は、臨時の第14回理事会の開催日であります。前回の定例会議時に、本年の全計画案件が提出されていましたが、3案件を持ち越してしまい、今回の臨時での審議になった訳であります。勿論、これは議案上程の最終責任者であるわたしに全責任があるものでありますので、今回は、今まで以上に提出された議案書に目を通すのは勿論、訂正される時から、委員長さんたちと、一緒に付き合いを致しました。内容は、本日の会議で理事のみなさんに諮って頂きたいと思います。
 ところで、上のように何かと理由をつけておりますけれど、私的には、大変楽しい(失礼かな・・)昨日の後半を過ごさせて頂きました。16時に北野委員長がクリスマスをJCルームで専務とやるって聞いた私は、取り敢えず集金の途中によりました。すると、次年度委員長予定者、張本君やその委員会メンバーが数人で委員会をしていました。私は、張本君の熱い熱い思いを聞き、また、私の考えを主張もして、お互いが本音で話せたと思いますし、もっともっと、そんな機会を持ちたいと思いました。彼の熱い部分はもっともっとみんなで育てていかなあかん!1時間ほどしゃべった後は、北野君のクリスマス。背景、目的、を決めて内容に入ると整合性が取れない。考えて考えて、何とか出来上がり。6時半ごろでした。しかし、まだ、しっくり来ないとこもあるんですよね~!
 一度解散。9時前にJCるーむへ。すると今度は、山中監事登場。山崎財務副委員長と財務審査をして下さいました。やはり、彼はミスターJCですね。素晴らしい指導をしてくださっていました。私も、西脇君を捕まえては話し、畑哲也君のFTについては不足分を指摘し、約2時間、たっぷりと「これぞJC」をやってきました。
 みなさん、理事のひともそうでない人も、聞いて欲しい。青年会議所は、一つは会議をするところです。何故か判りますか??会議で、上程する議案書は、なかなか通らずにみんな苦労しますよね!それが、なぜか??修練だといってしまえばそれまでですが、実は、少しでもみんなに、また、全ての人に理解してもらおう!とする努力。これが、JCそのものなんですよ!本年のスローガン「和を以って動かせ・・」そのままなんですよ!!また、逆に言うと、自分や委員会の思いの乗った議案を書けば書くほど、周りへの配慮や説明、その他のこと全てを含めて、上程者には責任が増すということです。なぜなら、みんなが理解できない議案を出すということ自体が、JC活動に反目を向いているということになる訳ですから・・・。本年のスローガンを蔑ろにしているという結果になる訳ですから・・・。
 もう一度、いいます。みんなに理解して頂くことができる議案書を作成して、わかるまでみんなに説明し尽くすのは、事業をする為なんかじゃなく、JAYCEEの最も大切な、義務なんです。そこのところ、しっかりと意識しながら、私も今日は、素晴らしい理事会にしていきたいと思っています。 
 とか、何とか言ってますが、昨日は楽しかったです。そんな意味で、
みんなに伝える作業!そんなJCができて・・・!

08年度 役員セミナー

 午後7時からは、社会福祉会館で08年度の最初の事業であります、役員セミナーが開催されました。理事役員、そして委員会スタッフ。また出向者も対象でしたので、30数名の出席者とLOMメンバーの約8割の人が出席をしておりました。まずは、奥村理事長予定者が一年間の方向性をお話になり、判りやすい講演で意識を徹底できたのではないかと思います。私は、少し羨ましかったですがね・・・。
 そして、一生懸命総務室が創り上げた、運営事務事項の説明の後、第20代理事長、金沢秀行先輩にお越し頂いて講演を頂きました。私自身、初めて理事にして頂いて時の理事長でもあり、あの魔の2000年のことを走馬燈のように思い出しながら、楽しく(失礼ですが、正直、私たちには懐かしかった)聞かせて頂きました。上手くジョークを挟みながらのトークは流石、金沢先輩であります。改めて、先輩の人間力の高さを感じました。本当にありがとうございました。
 私は、初めての直前理事長としての事業となりまして、何か居場所がないような感じで、一番後ろに座っておりましたが、やはり、みんなが頑張っている姿をみるのは、ほんとに嬉しいものであります。出番はありませんでしたが、その後の懇親会で、ゆっくり副委員長さん方と話が出来てよかったと思います。
 大西室長、法貴委員長、中村委員長を始め、総務室予定者のみなさん
細かい点やハード面というか、ちょっとしたことはありましたが、初めての事業としては、よく出来たと思いますよ!反省点は、自分たちで判っているようですから、きっと、今後の素晴らしいLOM運営に繋げてくれると確信しております。
 しかしながら、何か理由があったのかもしれませんが、今が一番熱いハズのメンバーが懇親会の最初しかいなかったことは、心から残念でありました。Image101.jpg



湊先輩チャリティゴルフコンペ

 ちょっとブログをサボっておりましたが・・・。本日は、2件もブログをアップしなければなりません!
 昨日は、湊泰孝先輩のチャリティゴルフコンペが亀岡カントリークラブで開催をされました。多くの先輩方も参加され、良いお天気の下、楽しいゴルフをさせて頂きました。結果は111人中、102位でしたが、ほんとに気持ちよくラウンドできました。わたしは、八田典夫先輩、小泉良之先輩、楠原健君とご一緒の組でしたが、奥村予定者と、岡本副会長予定者さんは、内藤先輩、古谷先輩とご一緒でありました。
 これは、湊先輩の呼びかけによるチャリティコンペでありまして、社会福祉協議会にチャリティー金を寄付されました。ところで、いきなりわたしは、乾杯の発声を言われまして、大変なプレッシャーのもと、それをさせて頂きました。いつものご挨拶とはちょっと違う物でしたので、ほんとに緊張しましたが、何とか乾杯までこぎ着けることが出来ました。それにしても、いつまでたっても、修練でありますことか・・。
 その話の中で、「明るい豊かな社会の創造をしていく一つの典型として、先輩を心から尊敬しています。」とも申し上げましたが、今後の益々の湊先輩のご活躍を心から、ご祈念を申し上げます。お世話になりました。Image096.jpg

11月公開例会

 この度は、(社)亀岡青年会議所11月例会にご参加頂きました皆様、ありがとうございました。心から御礼を申し上げます。
 私たち、(社)亀岡青年会議所は、「明るい豊かな社会の創造」を目標に、20歳から40歳までの気概ある青年が集い、お互いが切磋琢磨しながら、まちづくりに、そして、人づくりに励む団体であります。
平素は、私たち亀岡青年会議所の諸活動に深いご理解と大いなるご支援を賜っております事につきまして、心より、厚く御礼を申し上げます。

 さて、本年、(社)亀岡青年会議所では、和を以って動かせ亀岡をスローガンに活動して参りましたが、その中で、毎月、第2木曜日に定例会を開催して参りました。私たち自身、大いなる和を創造するために、まず、愛ということをテーマに一年間、研修を積んで参りました。
 その最終回が今回の例会であります。広中先生の講演によって、その人間力を高めることは勿論、私たちのこの一年間の成果を多くの亀岡市民のみなさんに見ていただきたい、そんな思いでご案内をさせて頂きました。私たちメンバーは、みなさんに大きな声でご挨拶を致しましたか?若者らしく颯爽としていましたでしょうか?私たちは、そんな自分を創ってきました。そして、常に溌剌として、しかも襟を正した大人として、活動していきたいと存じます。

 何かと、ご心配をおかけすることもあったかとは思いますが、皆様方のおかげを以ちまして、素晴らしい研修の機会となりました。心より御礼を申し上げますと同時に、皆々様の益々のご健勝とご活躍をご祈念申し上げ、11月例会へのご参加のお礼と致します。本当に有難うございました。100_5441.jpg

100_5491.jpg

11月市民公開例会 メンバーのみなさんへ

 昨日は、11月例会ご苦労様でした。会場いっぱいのお客様、そしてみんなの気合の入ったお出迎え、また、誘導、案内。大きい声でのセレモニー。とっても素晴らしかったです。そして、感動を致しました。やはり亀岡JCは素晴らしいですね。私は幸せものであります。

 議案上程から動員、そしてメンバー動員、メンバーへの意識付け、そして運営とたいへんご苦労であったと思います。会員研修委員会のみなさん、お礼を申し上げます。

 さて、11月例会ですが、「和を以って動かせ亀岡」を私はまた一つ、実践してくれたと思っています。愛溢れるリーダーの創造。そのことは、私たちや市民のみなさん自身に、大切な心=和を思い起こさせ、そして、多くの市民のみなさんと一緒に多くの気づきを得たことは、まさに、『和を以って、亀岡が少しだけ動いた瞬間』でありました。
 また、そのためにも、大きな声で挨拶をすること。青年らしいキチッとした、態度をすること。また、大きな拍手で応えることなどは、そのための基本的なツールであります。『自ら心を合わせに行くという行為』であります。こちらから、アプローチをかけるんです。他のJCメンバーや特に市民の皆様方には、こちらから・・・。だからこそ、みなさんがやってくれたお出迎え、拍手、態度等、本当に素晴らしかったと思います。
「和を以って動かせ亀岡」の実践は、動員やメンバーの行動で、示すことが出来たと思っています。
 
 私自身、入会以来12年半の総決算の例会と心に決めて臨みましたが、本当に素晴らしい締めくくりができたと思い、感謝の気持ちで一杯であります。みなさん、本当にありがとう!
 今後とも、何事もこちらから進んで相手の懐に入っていくという覚悟を以って、自分たちを信じて突き進んでください。まさに、疾風怒濤のごとく・・・。

 今後の亀岡JCに期待することは勿論、信頼を以って見
守っていくことが、できると今は思います。みなさん、頑張って
いこうな!ありがとうございました!
100_5418.jpg

100_5443.jpg

歴代理事長会議

 昨日、2007年度の歴代理事長会議を開催させて頂きました。ご出席頂きました、歴代理事長の皆様方、本当にありがとうございました。
また、ご出席頂けなかった歴代様、申し訳ありませんでした。今後、奥村予定者が、ご挨拶方々、おじゃまをさせて頂くと思いますので、宜しくお願いを致します。
 6時から、16名の歴代の皆様の前、先ず、わたしが理事長としてのお礼のご挨拶をさせて頂いて、奥村君を紹介させて頂きました。私は、これで都合4回目の出席になりますけれど、奥村君や溝行君は、初めての経験です。4回目の私でさえ、大変緊張する会議です。しかし、奥村君は、しっかりと思いを述べていましたし、また思いを込めて答弁をしていたように思います。まあ、理事長なるための一つの登竜門やから。
 その後、懇親会では奥村君と溝行君は最後に箸を割っていました。それだけ、頑張ってましたよ。それにしても、やはり歴代会議、懇親会。質問や意見を頂くことの意味あいや重みが違います。ご意見頂いたことは、謙虚に受け止め、これからのLOM運営に活かしていって欲しいと思います。そして、私自身も本年度理事長として、ホッと致しました。
 そしてその後、久々に街に奥村君と溝行君のお祝いに行きました。渡邉歴代、山中歴代、堤歴代。ありがとうございました。そして、今日の市民公開例会に備えるため、早く帰ってきましたが、それでも2時前でした。
 今日は本年度のいや、これからの亀岡JCのために大変重要な、例会になると思います。みなさん、気合をいれて頑張りましょう!!rekidai1.jpg

rekidai2.jpg

次年度 第3回理事会

 早いもので、第3回の予定者会議。全ての室長さん、委員長さんの
方針が通りました。素晴らしい!!
 昨年は、もっともっと苦労した覚えがありますけれども・・・・。先ず以って、おめでとう!と申し上げたいと思います。また、委員長は、新任理事ばかりにも拘らず、情熱を持って頑張って行こうと言う姿勢がよく出ています。是非、このまま、突っ走って欲しいと願っています。
 しかしながら、会議において発言する機会において、大変不本意な発言が続きました。と言うのは、「かくかく、しかじか、思いますが、どうでしょう?」ってみんな、相手を思いやってるつもりなのか?自分に自信がないのか?はたまた、やる気がないのか?こだわりがないのか?
質問や意見が途中で終わってしまいます。
 意見や質問をする時は、「かくかく、しかじかと思いますが、どうでしょう?。私なら~~します。」若しくは「~して下さい。」で締めくくって頂かないと、会議になりません。昨日も、理事長予定者がみなさんの質問を受けて、「こうして欲しいということですか?」と言ってから、答弁を求めていましたよね!それと、意見なり、質問、要望した後か、先に、「これは、要望です。」とか、「質問です」とか、言っておかないと、何なのかわかりませんし、会議の質が落ちます。
 時々、私が質問や意見を言うとき、たぶん、最後に自分なりの結論か或いは、提案をしてますでしょ!!そんな良いとこは、見習って下さい。
 ただ、これは、08に限らず07でも同じことが言えるので、こんな悪い伝統は、07会議のうちに私も理事長として、無くしてしまいたいと思いますし、後、何回かの会議で、必ずや、そうします。
 
 話は、変わりますが、本日は、夕方から歴代理事長会議があります。
私も勿論、緊張をしますが、次年度予定者、奥村君にとっては、理事長になる為の大きな、登竜門であります。08年度の最高責任者としての思いや考え、そして、責任者としての覚悟を歴代のみなさんの前でハッキリとキッパリと、正々堂々述べてきて欲しいと心から願っています。
歴代理事長の皆様、どうか、宜しくお願いを申し上げます。

第一回 理事長競馬

 昨日は、「第一回 理事長競馬でのんだくれよう会」が開催されました。朝もはよから、丸福自動車に終結した面々は、船井JC八田理事長、宮津JC有吉理事長、そして、亀岡JCのマスコットガールさんと
私の4名でいざ、淀の京都競馬場へ出発。正門前で城陽JC岡本理事長も合流して、陣取ったのは、ゴンドラ席という指定席であった。
 この席、テーブルに4人掛けなのでいきなり始まりました。大宴会、
おっと、競馬しに来たのではなかったのか???いや、それでいいんです。勝ち負けより、みんなで楽しい競馬観戦ならぬ、淀の大宴会ですから・・・
 本当にお天気も良く、素晴らしい一日でした。久々に気持ちよく遊びましたよ。ちなみに結果は・・・・。まあ、酔っ払いの競馬ですから・・・。そんなもんです。
 有吉理事長に到っては、土曜日の綾部での会員会議所の終了と同時に
亀岡組に乗り込んで頂いて、一件お付き合いして下さり、また、宿泊と
亀岡の経済効果にも寄与して頂きありがとうございました。
 そして、帰りがけに行った焼肉も値段の割りによかったですよね!
また、来年2月ごろにリベンジに向かうことになりましたが、来年は、
直前理事長競馬ですから、理事長競馬は最初で最後でした。みなさん、
本当にありがとうございました。DVC00046.jpg

DVC00005.jpg

ブロック協議会への私の思いと考え

 前回号で、私の思いというか考えを書いてみたいと述べました。
 何も大層なことではないんですが・・・

 私は、今年で入会12年半になります。その間、3分の2位はブロックに何らかの形でお世話になり、関わってきました。理事長として、専務理事として、勿論役員経験は、副会長の一回きりで、後は副委員長をさせて頂いただけですので、もっとブロックを知っている方からみればどうか判りませんが、卒業年度理事長の独り言と思って聞いてください。
 私は、入会以来2年間くらいは、半スリープメンバーでした。そんな私はブロックでJCが楽しいということを最初に知りました。勿論、LOMのメンバーがいたからこそですが・・・。そんな京都ブロックは、今も、メンバーのスキルや意欲を高揚させて、LOMに送り返して下さっています。それは、まさに、京都府内13LOMの為に、日本JCの下部組織として立ち上げられた協議会としての役割を担って、素晴らしい協議会運営がなされてきた結果だと思っていますし、そんな意味で本当の「日本一の京都ブロック」だと思っています。
 しかし、それには今後障害が立ちはだかってくると思います。公益性を重視するという、新公益法人を目指す日本JCの立場は、内向きの研修事業は捨てろ!という立場です。しかし、京都ブロックはこれを捨てることは、出来ませんし、そんなことをしたら、京都ブロックが京都ブロックでは無くなってしまうと私は思います。みなさんは、どうとられられるか、わからりませんが、私は、メンバーの為の内向きの研修や修練も絶対無くしてはいけないと思います。
 そんな意味で、難しくなってくるのは、ブロックは日本の下部組織で
しかも、LOMのように組織自体に主体性がありません。例えば、ミッション事業。これなんか、今後益々、会員の研修というより、公益性を求めていこうとすれば、民間外交だとか、訳のわからないことを言わなければならないようになってきます。だからこそ、私はミッションに反対をした訳ですが、8月の亀岡中学校の掃除事業だってそうです。あれは、公共の場所を使って内向きのことをしている訳ですから、日本的に言うと最悪の事業ということになります。しかし、そんな事業を今後、ナオザリにしていったとしたならば、京都ブロック協議会は、各LOMにとって、必要な組織ではなくなります。なぜなら、公益性を以って活動していかなければならない、主体は、全国の714LOMなのであって、ブロック協議会は、そのLOMの為に役に立つからこそ、ブロックとして立てていけるからであります。
 以上は、私の遺言であります。決して、本年度のブロックを批判するものではありません。今後、府内13LOMと日本の連絡調整機関としてだけではなく、各LOMに出来ない研修や意識高揚の場としての、誇り高いブロック協議会を続けていって欲しいという願いのみであります。本年度のブロック協議会に関わって頂いた全てのみなさんに感謝申し上げ、また、次年度以降の中原予定者をはじめ、役員の皆さんにご期待申し上げ、この稿をおわります。最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

11月度 ブロック会員会議所

 3日の祝日は、綾部で第10回の会員会議所が開催され、行ってきました。午後、5時半からの開催です。さすが、この時期になると議案もあまり無いんですね、これが・・。
 会議自体は二議案だけだったんですが、時間調整のために休憩動議が入ってしまうような状態です。何か、私自身物足りないようなものも感じつつ終了。これで、07ブロック協議会の全計画案件は、審議を通過致しました。山田会長をはじめ、ブロック役員のみなさんの一年間の努力とご苦労に敬意を表すと同時にご苦労様でした。後は、11月18日のわいわいミーティングと12月1日の本次年度、委員会報告会及び合同懇親会、それに年会事業報告書を残すのみとなりましたが、きっと素晴らしい事業で締めくくって頂けると確信しています。
 後の、懇親会で他の理事長様や役員さんから、「福井理事長、夏を過ぎてから大人しくなられましたね。」とのご指摘。私は、「もう前半で全てを出し尽くした」って伝えておきましたが、まさにそんな感じです。何もかも終わっていきますなあ。それにしても、これから、ブロック運営は、益々、難しい局面があると私は、思います。これについては、次号で思いを語ってみたいと思っています。
 ご一緒頂いた、奥村副会長、畑広報委員長ありがとうございました。
そして、何故か荒木専務もありがとう!

第13回 定例理事会

 早いもので、11月の理事会が終わってしまいました。理事長として
そして、現役としてもう数える程しか残っていない理事会。今年で、丸々8年、JCの理事会にほぼ休む事無く、出席させて頂いてきました。そして、07年度も、とうとう昨日で、全計画案件が出揃ってしまいました。本当に早いものであります。
 その議案とは、9月通常総会、10月例会の報告。12月例会、卒業式、クリスマスパーティー、にのうみ250~251号、年間事業報告、そして、FT修了セミナーとどれをとっても、一年の終わりや、何かの終わりを意味するものばかりであります。私は、ご挨拶で、何事につけ、物事の最初と最後の大切さをお話させて頂きました。勿論JCでも、スタート時に120%、150%の力や思いを持ってないと一年を通して活動していけない。また、その終わりには、それと同じだけのパワーが必要で、飛行機に例えるなら、着陸態勢であり、その危険も離陸時と同じか、或いはそれ以上かも知れないというお話をしました。
 果たして、卒業式、クリスマスパーティ、FT予備講座の3議案が、
取り下げとなってしまいました。そして、この時期にも関わらず、臨時理事会を開催することとなってしまいましたことは、議案上程責任者としての私に全責任があります。しかし、こんな時期だからこそ、あえて
臨時理事会でも、もう一度、みんなが納得いくまで、また担当委員会も
委員長も、本年度、最後の挑戦をして欲しいと思います。
 わたくしも、まさにラストスパート。第4コーナーを廻って直線です。疾風怒濤の末脚を繰り出して最高のゴールを目指します。皆様、
次年度のためにも、07年度を素晴らしい形で締めくくりましょう!
Image067.jpg

Hideaki Fukui

バナーを作成

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。