まるふくさんの☆おっちゃん☆ブログ 世界同時株安 現在の閲覧者数:

まるふくさんの☆おっちゃん☆ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界同時株安

 今日は、JCではあまりしゃべらないことを書いてみようかなあと思っています。あくまで私見ですので申し訳ありませんが、お付き合い下さい。

 今日の朝のNHKニュースを見ていた私。いつも、朝ニュースはNHKと決まっている。なぜなら、他のニュースは新聞記者やら、評論家やら、久米宏(古いが・・)やら、みのもんたまで・・。訳のわからんヤツが出てきて、訳のわからん感想ばかり言うので私は、ちゃんと事実だけを述べるNHKニュースしかニュースはみないことにしている。今の世の中、一番悪いヤツは、政治家でも官僚でもなく、マスコミであると私は思っている。あまりに低俗な思想による報道がなされ、それをまた、私たち市民も同じように味噌もクソも一緒くたにして聞いている。例の小泉純一郎が良い例である。あれだけ拍手喝采した当時の首相がやった政策は、今や、悪でしかないとマスコミは騒ぎ立てかけている。そして、それに踊らされた我々はもっと低俗というしかないのだが・・。

 その中で、どうやら、昨日は世界同時株安であったらしい。ここしばらく、日本でも17千円台だった平均株価は、13千円台まで急降下している。これは、アメリカのサブプライムローンの焦げ付きに端を発しているらしい。しかし、日本のように、経済から軍事からおまけに今や文化までもアメリカにおんぶでだっこのある意味、米属国の株価が急落するのは自明の理であろうけれども、米経済への依存度の比較的薄い欧州諸国までが、一様の株が下落するのは、何故なのだろうか??

 そもそも、株とは、その会社の業績に見合った評価値であるはずである。しかし、今や大口投資家のマネーゲームとやらに左右される全く、企業の評価値を無視しか形のものに摩り替わってしまっているのではないだろうか??私は、全く株はしないけれども、本来、株価なんかは、というより、経済というのは、基本は「もの作り」だと思っている。つまり生産性の問題。言い換えれば、「その企業がどれだけ価値のあるものをうみ出せるか?」が正当な評価対象のはずである。にも拘らず、全く生産性の伴わない、マネーゲームやネットの媒体を提供する企業などの株価が良いのはおかしいのである。つまり、100のパイの中で、点数を取り合いしているだけで、+1、+2というように経済は全く成長できない。そして、今の日本のような、格差社会が形成されていくのである。日本は私は、もっと格差化は進むと思う。そして、結局のところ、人口の大半を占める庶民に金が廻らず、今儲けている人も、結局は、大損をする。
そんなことは、火をみるより明らかだと私は思う。

 これからの日本経済が立ち直るただ唯一の道は、国内の多くの庶民が少なくとも、最低限ではない生活ができるように金を廻すこと。そして、生産と消費のバランスは、食料自給率40%なんかを脱して、せめて80%くらいにはもっていくこと。そして、企業は、値引き合戦で過当競争するよりも、しっかりとした価値のあるものを、ちゃんとした正当な評価に基づいて、売っていく。そんなバランスを構築できるかどうかにかかっている。
 まさに、亀岡が誇る偉大なる先人、石田梅岩先生がおっしゃった「真の商人は、先も立ち、我も立つことを思うなり」である。そのお客様のために・・。先様に喜んでもらいたい・・という、商理念こそ、今、日本が思い起こさなければならない、原点ではないだろうか??

 訳のわからん、ブログになってしまいました。お読み頂いたみなさん、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Hideaki Fukui

バナーを作成

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。