まるふくさんの☆おっちゃん☆ブログ 彼岸花 現在の閲覧者数:

まるふくさんの☆おっちゃん☆ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸花

早いもので、今日からお彼岸ですね。「彼岸」って、向こう側の岸辺って意味らしい。つまり、三途の川の向こう側。。 仏教用語なんだろうけど、そんな宗教性のある話じゃなくて、彼岸の彼方にいらっしゃる、自分のご先祖の方々を思い出し、今、自分がここに生きていられることへの感謝をささげる。。。そんなことが、この彼岸というものなのかもしれません。

わたしは、彼岸にはお墓に参りますし、多くの方もそうではないかなと思います。
しかし、不思議なのは・・・・。彼岸花。別名「まんじゅしゃげ」というらしいけど。。。
Image612.jpg
この花って~~~。。。みんなは不思議だと思いません???わたしは、不思議で仕方ない。・・・・・また、今年も、彼岸に日を合わせて咲きました。
一説には、30年前と今とでは、平均気温が2℃くらいは高いと言われてるのに・・・・にも関わらず、やっぱりお彼岸を待っていたように、咲くんですよね~。ほんと不思議です。 気温も環境も違うのに、昔と同じように、同じ季節に咲き誇る。桜でさえ、あれだけ、咲く時期が毎年違うのに、この花はいつも、同じ時期に合わせて咲きます。

この花を摘んで家へ持って帰ると、火事になる・・・って、昔から言われてきましたね。わたしも、こどもの頃はよく家に持って帰って、「火事になるさかい、早お~ホカシテこい!」って、おばあちゃんに言われて泣く泣く捨てに行ったのを思い出します。なんでやろうね~??
この花には、何か不思議な力があるんかいな??その姿も、綺麗だと言えばこんな綺麗な花はないようにも思えるし、見かたを変えれば、なんか恐ろしい花のようにも見えるもんね~。

これから、お彼岸の中日に合わせるように、曽我部の西条の辺とか、凄いですよ。 稲刈り前の田んぼの畔、一面に真っ赤な彼岸花が咲き誇る。その景色を大阪や京都からも、撮影に来られると、西条のかの先輩がおっしゃってましたが。。。ほんまそうやろうね~。

たった、1週間しか見頃のない花やけど、季節を運ぶ「彼岸花」。今度の休みは、一回、撮影に行ってこよかな~!!!?隠れ広報委員としては、そうあるなん。よい写真が撮れたら、見てくださいねっ

この「彼岸花」も、わたしたち亀岡の誇りの一つには、違いないです。

もうすぐ、秋分の日なんですね。夏と冬の境目。勿論、秋を無視したら・・・ですけどね。もうそんな時期なんだね。
が近づくと、またまた、おセンチになってしまいガチですが、今年の終盤戦に向けて、ご先祖さんに手を合わせにお墓参りにでも行ってみませんか。

そんな素晴らしい文化(宗教の枠を超えた、慣習だとわたしは思っている)を持った、日本は、やっぱり、素晴らしい国だと思います。そして、その季節を告げる「彼岸花」が咲き競う「亀岡」は、やっぱり、すごいです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Hideaki Fukui

バナーを作成

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。