まるふくさんの☆おっちゃん☆ブログ 保津川ダイナマン 現在の閲覧者数:

まるふくさんの☆おっちゃん☆ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保津川ダイナマン

 今朝、メール確認したら、にのうみダイジェスト版が、2時半頃に送られていましたね。会議も遅くなったようですね。おつかれさまでした。

 もう、このブログを書くのも、あと、2ヶ月を切っています。ほとんど2年間、生活の一部になってしまっていましたけど。。去年、理事長終わる12月の末も、これで、最後かと思ってました。でも、一年間、コーナーを設けて頂いたことに、心から感謝しています。・・・あっ、まだ終わりじゃないから、その辺は、もっとしてからお礼いいますね。

 ということで、先頃は、委員長タイプなんて、勝手に分析してましたけど、やっぱり、終わりに向かって、わたしのJCライフの中での考えとか、思ったことを綴ってみようと思います。時事ネタがあるときはそれを書くでしょうけど、それは、メッキリ減りましたしね~。・・・てなことで、もし良かったら、お付き合い下さいな。

 まずは、社発ネタからでも行ってみます。わたしが、社発の事業でやってみたいと夢描いていたこと。実際に出来たことは、ほんの一握りだけですけど。。。

 今日は、「保津川ダイナマン」の話。

みなさんは、「彦にゃん」って知ってますよね。彦根市が創ったキャラクター。癒し系のキャラで、今すごい人気だそうです。全国にもその形が広がっていて、先頃は、癒し系にキャラの大集合企画が、彦根であったそうです。面白いですね。
 
ところで、もっと以前に話したことがあるので、知ってる人は知ってるけど。。。鹿児島県の種子島に「タネガシマン」なる、キャラクターがいる。まちの青年団組織で運営されているそうだけど、3人組の正義の味方キャラ。
島中の小学校やら、幼稚園の運動会やなんかの時に出向いて、キャラクター公演をしている。「タネガシマン」は、正義の味方。悪役が「この島にダイオキシンをばら撒いてやるぞ~~~ははは~」とか言って、こども達を追いかける。追い込まれたこども達は、「タネガシマン」を呼ぶと、颯爽と登場。
 「おれたちがいる限り、お前らに勝手なことはさせないぞ~!!」って、悪者と格闘。こども達を守るというストーリー。それはいつも一緒。
 でも、その公演を見るこども達の目は真剣で、親も一緒にそれを見ている。たかが、キャラクターショウだけど、すごいなあ~と感心して、それをやってみたかった。
 種子島では、これが、こども達だけのヒーローじゃなく、お土産屋さんに、キャラクターグッズが並んだり、公演があるときは、大人気で、たくさんの人が集まったらしい。キャラクターの売り上げも、結構順調で、島の経済の助けになっていたようだ。すごい事や~と思って~。。。
 もう、かれこれ、8~9年前かな??中野恵二先輩に相談したら、「保津川ダイナマン」という、名前をつけてくれた。
 やるとしたら、まず、キャラの格好。カッコよくしたい。で、デザインまでしてた。それで、やってくれる人を探して、シナリオ創って。。。一回でも実施できてたら、面白かったろうと思う。

 もし、可能なら、JCでしたいなあ~と思いつつ、できなかったけど。。ダイナマンとは、当然、保津川ダイナミックシティーから発想しているもので、10周年に発信された、ビジョンのさきがけのキャッチから採ったもの。
 「保津川を汚す奴は、俺達が許さないぞ~」みたいな。。。そこから、この亀岡の自然環境の大切さや、特異性とか、この緑や自然が、とっても、貴重なものとして、こども達に認識して欲しい。。なんて考えてたことを思い出します。

 今思うと、それを運営すること自体をJCがやるのは、どうかと思うけど。。。ただ、その発想をして、みんなに訴えて、それを実現に持っていくことは、出来たかもしれないと思っています。実際、そのやり方が、当時は判ってないもんね。ただ、漠然と思ってただけ。せいぜい、名前考えて、夢想してた。

 そんなことがありました。・・って、今も出来たらいいなあ~とは、思ってますけどね。もう、キャラクターヒーローから、癒しキャラになってしまっている時代だし、もう今やちょっと古くなっちゃったでしょ~。

 いろいろ、考えるのは、ほんとに楽しいです。まだまだ、あるので、次号に続きます~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Hideaki Fukui

バナーを作成

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。